nekocante note

あんなこと、こんなこと。

January 21, 2017

ゴージャスだけど、不幸せそうな家族ー 

TVをつけたらアメリカ大統領の就任式典でニュースは賑やかだけど、不機嫌顔のトランプさんよりファースト・クール・レディーのメラニアさんの勝負ドレスの方が何倍も気になる。それ以上に娘イバンカさんの履いてる靴が気になった週末。米国政治に興味はないけどハイブランド・ファッション見たさに午前2時から珍しくCNNに釘付けになってしまった。ズラリ並んだ長身ゴージャス・ファミリーが今のアメリカの象徴なのだと思うと、アメリカは政治までもリアリティー番組時代に突入したようで面白くなってきた。今日はカンテの現オーナー...

January 21, 2017

山田かおりさんの著作本「猫には嫌なところがまったくない」が1/25日に発売されると本人からメールが入った。前日に経費の件で頭が痛くなったことも忘れてしまうくらい素敵なタイトルにグサリやられる。嫌なところがまったくないとは、誰と比べたのか気にかかる。そうそうこのnekocanteは誰のため?猫のためなら頭くらい痛くなってもしかたない。悩むその前に、この本をアマゾン・カートに入れてプチっとした。

January 20, 2017

悲しいくらい、あっという間ー

何をするにも基準となるものが必要で、予算がないからと言って無茶な参加費負担のお願いはできない。昨年12月に夙川で猫展を開催していた主催者でギャラリーオーナーの友人にやらしい話(商人ぽくって意外と気に入っているワード)だけど、アーティスト参加費について相談してみた。参加アーティスト24名で参加費一人1000円はDM制作費と必要経費に消えた。nekocanteはDM代+ねこふん参加費が必要になる。参加人数にも寄るけれど、赤字だけは避けたい。

やらしいnekocante note

ねこふん参加費・DM印刷代・ギャラ...

January 19, 2017

イベントにはお金がいるー

"ねこふん"参加についてのクーさんからのメールの返信は、OKで。必要なのは"ねこふん"の冊子の発行掲載費として、印刷&送料含めて1万5千円。日程の条件はざっくりで4月末から6月上旬で期間設定すればいいらしい。冊子経費は宣伝料なので仕方ない。+最低限の経費として"nekocante"DMポストカードを作るとしても、なるべく作家に負担がないようにしたい〜それは私も作家だから。今のイベントは主催者側は場所を用意するだけで、お客さまを呼ぶために長い時間を費やして作品制作する作家さんの負担割合が多すぎる。DMとneko...

January 18, 2017

エセ無添加猫ー

10w galleryのクーさんはロングヘアーが印象的なアイデアウーマンである。ビルが立ち並ぶ都会のマンションの最上階に住んでいて、認知症になった母をギャラリー兼、仕事場である自宅に引き取ってオープンな介護生活を送っている。どうせやるなら楽しくと、彼女が始めた新しい看護スタイルはドキュメンタリー映画作品『徘徊〜ママリン87歳の夏』になって国内だけでなく海外でも上演され、いつの間にか話題の母娘になっていた。TV番組でも何度か紹介されていたようで、私はたまたまつけた番組でクーさんの今を知る事になった。認知症は脳に何らかの原...

January 17, 2017

ねこに恩返しー

10wには三毛猫のチチ、白猫クーちゃんという2匹のギャラリー猫がいる。2003年に初めて訪れた時も2匹は住んでいた。オーナーのクーさんとは少しご無沙汰だったけど、2015年10月にクリエイター糸川耀史先生の写真展"イメージからイメージへ"をカンテ・ギャラリーでプロデュースした時に偶然、会場で再会した。クーさんがもっと乙女だった頃、糸川先生の弟子だったとその時知った。私も縁あって猫を飼い始めたという話題から、2016年10w galleryの "ねこふん"にJUNICHIと私の参加が決まった。10年ぶりにギャラリーで再会...

January 16, 2017

ねこふん・ふふふー

大阪には"ねこふん"と呼ばれるアートな猫祭りがある。大阪市中央区平野町にある10w galleryのオーナー・クーさんが中心になって始めた猫展-猫ふんじゃったなギャラリーたち-愛称 "ねこふん"は、大阪中央区・北区エリアにあるギャラリーや画廊が開催期間を合わせて個性的な猫展を同時期に開催する。なので全国の猫族の間で大阪で猫展クルージングができると評判になり、昨今の猫ブームに乗って2016年現在で14回を数える有名な猫祭りに成長した。2003年、10w galleryのオープニングアクトをJUNICHIが務めたご縁で...

January 15, 2017

遊びの天才たちー

SNSは便利だ!今更、そんな分かってることを声高に言わんでも〜と思うけど遠く離れていても、すぐ横で話しかけられているようなメッセージのやり取りで企画が進んでいくのだから便利この上ない。メッセージ内容もSNSのnekocante projectグループトークで残るので、誰が言った言わないと後でもめることもない。Macに出逢って23年〜いつからこんな時代になったのだろう?ブルブルさんから2人のメンバー追加メールが入り、5分ほどしてヨンマさんから追加メンバーのみんなでシロちゃんの写真集を作ります〜と連絡が入った。カンテ創業...

January 14, 2017

我が家にはアートが住んでいる

アートは2015年9月5日生まれのオス猫で、アメショー・チンチラ・ミックスです。友人から送られて来た生まれたばかりの仔猫の写真を見て、私はカンテのシロちゃんの生まれ変わりだと思った。シロちゃんはアートが誕生する半月前の2015年8月19日に20歳で逝去したカンテの店猫です。振り返るとほぼ20年カンテに通っていた私も、シロちゃんの猫生を見守って来たことになる。もともと猫派ではなかったけれど、インド布の上でアンモナイトのように丸くなって気持ちよさそに眠る静かなシロちゃんが可愛くてだんだんと愛おしく思えて来た。...

January 13, 2017

猫のように集まって来たー

猫作家を集めるにも、"nekocante"はカンテで初めての猫展だけにゼロからのスタートである。2回目ならば最初の雰囲気を写真で見てもらったり、動員数や売上実績などの話をして作家を集めるのだけど初回なのでそんな資料はない。先に誰か著名な猫系アーティストを引き込んで、ピーアールに使おうと知り合いを当たることにした。まず名前が上がったのはカンテの常連でブルブルさんの友だちでもあるQFDデザイナー兼作家の山田かおりさん。著作本"株式会社家族"の出版で注目された山田さんは個性的なオリジナル・ファッションに身を包み、国...

Please reload

特集記事

Neko Note

January 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

February 28, 2018

February 6, 2018

January 30, 2018

May 19, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索