nekocante note

あんなこと、こんなこと。

March 30, 2017

とりあえずギャラリーの測量が済んだので、作家さんたち28名のスペースをざっくりと決めた。まずは写真家さんたち5名へサイズを送付。フレームに入れるか?パネルにするかは準備をする作家さんたちの自由で、釘打ちはどこでもOKと伝えたら喜んでいた。他の作家さんには、これから製作するディスプレー用のフックやホルダーを作ってから伝えたい。ようやく空間デザインがまとまってきたので来週はDIYで素敵なディスプレーホルダーを作りたい!

March 29, 2017

猫ばなの主旨に賛同して、参加者が現れた。

山田さんに続いて猫ばなを送ってくれたのは、保護猫桃次郎と保健所での運命の出会いを書いてくれたのはマツさん。ちょっと切なくて笑えるエピソードの締めの言葉が胸にしみる。猫の数だけ物語はあるので、たくさんの人に猫ばなを読んでほしい。保護猫の桃次郎ことモーちゃんは写真手前。まだまだ猫ばな、絶賛募集中!

March 28, 2017

第5回neko会議が開催された。

午後3時、ヨンマさんと私2人きりで会議はスタート。まずは花粉症対策のミントティを飲んで、別件のアート打ち合わせに来てもらった設計士さんにもお手伝いいただいき、ギャラリーの測量をすることになった。設計士さんとはこの日が初対面だったのだけど、仕事柄デジタルの測量計を持っているそうで、あっという間にギャラリーの天井高まで測って助けてもらった。次の課題はヨンマさん特製のコロコロホルダーのアート研究会。養生カバーを張り、アクリル絵の具が並べられギャラリーテーブルがワークショップに変わる。周りにはお茶やカレーを食...

March 22, 2017

 ちょこちょこカンテ猫展nekocante情報を掲載したいと、フリーペーパーから問い合わせが入るようになった。カンテという看板で問い合わせが来ているのなら〜カンテらしい素敵な猫展を開催する責任を感じてくる。ネットからの5月イベント情報に登録したので、nekocanteの情報はすでにいくつものサイトに配信されている状況。ようやく作家さん、総勢30名のラインナップも決定した。来週は第5回neko会議を開いて、スペースのレイアウトを出して作家さんたちに使用できるサイズを伝えなければと思っている。

March 21, 2017

10W gallery に、ねこふん冊子の掲載料を支払いに行ってきた。昨日からスタートした写真展にも興味があったし、できれば初めて開催する猫展アドバイスももらいたかった。今日は朝から冷たい雨が降っていて出掛けるのを迷ったけど、10Wに着く頃には雨も上がり、雫のついた看板がカッコよく見えた。戦場カメラマンの中川こうじさんのちょっとふてぶてしい野良猫たち。河井蓬さんの夜の野良猫たち。どちらも野良として逞しく毎日を生きている様子がズンズン伝わってくきた。

最近リニューアルされた真っ白なギャラリーで、オーナーのクーさんと猫展について少し話した...

March 15, 2017

シンプルに生きたいー 

昨日、実行委員から送られてきたシロちゃん写真を整理しながらふと考えた。猫がこの世を去る時は、身体ひとつでさらりといなくなるらしい。私もいつかこの世を去る時は我が家の歴史博物館処理問題を残された人が抱えないように、自分のモノを消去してさらり逝きたいと猫に学んでいる。人生の最後くらいは、猫のようにシンプルな生活ができるか?それがこれからの課題。

集まったシロちゃんのスナップ写真を数えたら軽く200枚を越えていた。元カンテ・スタッフのKさんが一眼レフで撮っていたシロちゃん写真と合わせると〜450枚!物を持たない猫だけど...

March 14, 2017

シロちゃんがいた頃は、毎週末カンテギャラリーには猫族が集まっていた。猫族たちは年老いて歯が弱くなったシロちゃんに食べやすい液状のオヤツをあげたり、猫マッサージを施しながらシロちゃんと金曜日の夜を一緒に過ごしていた。話には聞いてたけれど、その頃は猫を飼っていなかったので参加したことはなかった。そんな優しい猫族が今回の猫展をサポートしてくれているnekocante実行委員たちです。家に帰ると私のスマホに実行委員メンバー3人から、200枚以上のシロちゃんスナップ写真が届いていた。みんな一緒に写真を撮って分け合っていたようで、写真の重複の多...